モルタル下地工法

Technology

社会に貢献できる工法・技術を開発し、住宅の品質向上と長寿化に貢献しています。

ラスモルノンクラック工法

図解説

工法の説明

防水シートから仕上げまで一貫した工法として開発された木造下地用外壁塗り壁システム工法で、高耐久性の軽量既調合モルタルラスモルの表層にアリスグラスファイバーネットを伏せ込むことにより超低クラック、高耐久性、多様な仕上げが可能等の特長を実現しました。

防火構造、準耐火構造認定。

特長

  • 超低クラック
  • 高耐久性
  • 高浸透性
  • 高耐震性
  • 多様な仕上げが可能
  • 防水シートから仕上げまでの一貫工法
  • 認定業者による施工体制

ラスモルノンクラック通断防工法

図解説

工法の説明

胴縁がいらない新しいモルタル通気工法のご提案です!

特長

優れた気性能

『通断防防水シート』の裏面に通気層を確保することにより、内部結露を防ぎ、建物の耐久性を向上させます。

優れた熱性能

『通断防防水シート』で建物の外側に断熱層をつくり、内側の断熱材との相乗効果で高い断熱効果を得られます。

優れた水性能

『通断防防水シート』の防水性能はグラフの通りです。透湿防水シートと併用することでさらに防水効果を発揮しています。。

ラスモルⅡノンクラック通気工法

図解説

工法の説明

自由度の高い設計が可能なモルタル壁による外壁通気工法で、ラスモルⅡとアリスグラスファイバーネット、フジカワ通気ラスの組み合わせにより、面材を不要とし、クラックを大幅に低減しました。

防火構造、準耐火構造認定。

特長

外壁通気工法

外装材と断熱材の中間に通気層を設ける工法。

通気層により、壁内湿気を常時放出し、腐食や錆から躯体を守り、建物の耐久性を大きく向上させます。また2重壁構造により防水性能を向上させます。

ラスモルⅡ

通気工法用に開発された、木造住宅用軽量既調合モルタル従来品のラスモルをさらに高強度、低吸水、高耐久性化をはかりました。

LEV工法

図解説
  • 製品画像
  • 製品画像
  • 製品画像

工法の説明

ネットを全面に伏せ込む事でクラックが発生しにくく、目地の無い壁を作れ、シームレスな外壁を形成。

通気層の脚をモルタルで形成し、環境問題も考慮し卵の殻を再利用した「エッグシェルシート」と「低炭素モルタル」(オプション)加えた新工法です。

特長

  • 卵の殻を再利用した「オクトシート」を採用し、環境問題を考慮しながらモルタルの通気性と防水性を弊社のノンクラック工法シリーズと比べても更に高めたモルタル通気工法
  • 耐久性・耐クラック性能に大変優れた長期優良住宅を実現
  • 地震時を検証する水平加力試験では試験体を「破壊」まで(住宅が壊れる程度まで加力)動かしても壁は剥落しておらず優れた耐震性を実現
  • 実績のある軽量モルタル「ラスモル」に「オクトラス」・「TKネット」と最終的なランニングコストまで考え抜かれた工法
  • 防火構造・準耐火構造に対応済み

ラスモルセルフロート通気工法

図解説

工法の説明

モルタル通気工法がさらに進化!

SF通気ラスを張るだけで、多方向な通気を実現!

特長

  1. 150mmピッチに配置した凹部により、縦・横の自在な通気層を確保
  2. 従来の木胴縁がラスの力骨に変わり、それをモルタルで保護
  3. 通気用木胴縁がほぼ不要なため工期短縮・コストダウンを実現
  4. ラス・モルタル・ネットの相乗効果によりクラックを大幅に抑制

Information