SS工法(内装)

Technology

社会に貢献できる工法・技術を開発し、住宅の品質向上と長寿化に貢献しています。

SS工法(内装)

図解説

工法の説明

石膏建材は優れた内装建材として広く使用されていますが、その用法は石膏ボードを張り上げる乾式工法と、石膏ボード下地に石膏プラスターを塗る塗り壁工法の二つの工法に大別されます。

石膏ボードを張り上げる乾式工法は防火性、遮音性にとんだ壁がきわめてスピーディに得られる利点がありますが、その継目、釘頭の処理がむずかしく、壁面の硬さが弱いなどの欠点があり、高度の要求に絶えうる壁を得ることができません。

この点、石膏ボード下地に石膏プラスターを塗る塗壁工法は多様な表面仕上げが可能であり、亀裂のない平滑な防火性、遮音性、耐久性、調湿性にとんだ1枚壁が得られるなどの利点を持っていますが、その塗り作業に多くの労力、熟練を要し、かつ壁面の乾燥にもかなりの日数を要するなど必ずしも生産性に優れた工法とはいえません。

富士川のSS工法は、従来の石膏プラスターによる壁工法に劣らない優れた壁をスピーディに、かつ経済的に仕上げることができる新しい工法です。

特長

  1. SPEEDY 工期短縮、翌日仕上げが可能。下塗りから仕上げまでわずか2日。
  2. STRONG 亀裂・衝撃に強く、丈夫な壁面を造る。
  3. 作業性抜群 保水性・コテ伸び、コテ押さえが抜群。
  4. 調湿性良好 呼吸する壁で快適な居住生活。吸放質性能で室内の湿度を調整し、結露も防止。
  5. 不燃
  6. 防カビ性 防カビ剤を混入してありますので、カビが発生しにくい。
  7. 多様な仕上剤 中性下地となり強度もあるため、さまざまな仕上げが可能。
  8. 安定した品質 品質が安定し、既調合のため砂などの配合管理も必要ありません。

Information